2006年11月26日

学会発表しましたー

学会行ってきましたexclamation

参加者はざっと100名ぐらいいました。会場について驚きました。知り合いが少ない・・・。こんなに知らない人がまだいたんだがく〜(落胆した顔)

これだけいるなら勉強会にきてくれればいいのになるんるん

なかなか今回はいつもより落ち着いて発表できました。やはり質問は経時的効果についてでしたね。これは、いずれ検証しないといけない課題だな。その前に即時効果をもう少し突き詰めてからにしよう。

まあ、でも発表が7題は少し寂しいですね。バッド(下向き矢印)広島はなんと40題らしいです。どんっ(衝撃)山口もせめてその半分ぐらいになるといいなあ。少し気になったのは学会の参加者・発表者もふくめて継続して来ていることが少ないことです。
なぜなんでしょう?一度参加したらいやになってしまうのでしょうか?

今回のテーマは理学療法士に与えられた課題でしたが、その前に個人個人のが自らの課題を見つめ、そのことに対し努力し、その結果を研究として他のセラピストに見ていただき、アドバイスしてもらい、また新たな課題を浮き彫りにしていく・・・。この繰り返すをまずおこなってそこではじめて理学療法士全体の課題を考えていかないといけないのではないでしょうか?個人的にはそんなことを感じました。(でも自分もまだまだこれができていないのですが・・・)

特別講演は大変勉強になりました。exclamation×2本当にいろいろな手技が出てきてその手技を選択して利用することは困難ですが、今回学んだマイオチューニングアプローチも困ったときに、少しでも利用できればと思います。

何はともあれ大変収穫の多い学会でした。来年もできればまた何か発表したいと思います。それと一緒に研究してくれる人はいませんか?できれば自分の発表+誰かの発表のお手伝いで2・3題出せるといいなるんるん

何とか勉強会、怒涛の4連発がおわり、ウィンターシーズンにシーズンインできそうです。ホントしんどかったけどまた一つ成長できた気がします。ひらめき

来月からはスキー情報が増えます(多分・・・)ダッシュ(走り出すさま)
posted by 道祖 悟史 at 21:28| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。