2007年02月04日

関節シンポイン福岡

先週末、関節疾患理学療法研究会シンポジウムイン福岡に参加してきました。

石井先生をはじめ木藤先生など著明な先生方の発表を聞くことができました。もちろん勉強にもなりましたが、一番刺激を受けたのは、2日目の午後福岡の先生方の発表でした。同じ年代の先生方が、堂々とそして内容もしっかりしたものを発表されていたのです。これには、驚きとともに「やられた!!」感がありました。この先生方はSynergyと言う勉強会の仲間だそうです。きっといい仲間で切磋琢磨しているからあんなすばらしい発表ができるのでしょうね。

また、もう一つ収穫がありました、それは講師の先生方とコネクションをつくれたこと。これは、今後の下関理学療法研究会を盛り上げる、そして私自身にとってもこれから大きな意味を持ってきそうです。

そして、もう一つこのシンポジウムで出会えた、福岡・鳥取・広島・そして東京の先生方と出会えたこと。これまでも、出会いが私に変化をもたらしてくれましたが、また大きな変化を与えられそうです。さっそく、福岡synergyと鳥取PTBTとのジョイントが企画に入りました。また切磋琢磨してがんばりたいと思います。exclamation×2
posted by 道祖 悟史 at 21:44| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32836484

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。